不動産の法律問題について

95s93ae8ey82p

1.不動産売買

86412108_XS

多くの皆様にとっては一生に一度の大きな買い物なのではないでしょうか。

多額な金額が動きますので、トラブルの予防、解決のために、様々な法律問題に対応する必要があります。

たとえば、「手付金を支払った後に、売買契約を解除したい場合手付金は返ってくるのか」「不動産を売りたいが契約書の作り方が分からない」「買った建物が欠陥住宅ではないか」など、法的知識がなければ容易に解決することはできません。

そのような問題に直面したとき、弁護士に相談することで、問題を解決することができます。また、弁護士が代理人になることで、相手方との交渉や契約の作成をすることもできます。

茨木みらい法律事務所にご相談下されば、適切なアドバイスを致します。

2.不動産賃貸借

86754962_XS

  • 不動産賃貸

貸主様

不動産を貸している方からは「借主が家賃を支払ってくれない」「借主が契約違反の使用をしているので、立ち退きを請求したい」「賃料を上げたい」「建物を明け渡してほしい」などのご相談があります。

賃貸借契約をめぐっては、借地借家法という法律があります。また、賃貸借契約は、長期間続く契約で、貸主と借主との間の「信頼関係」を前提としているという特徴があります。様々な局面で、法律に則った適切な手順を踏まえないと、紛争の拡大を招きかねません。

この分野は弁護士が最も多く取り扱っております。行動を起こす前に茨木みらい法律事務所にご相談ください。経験をいかし、スピーディーに対応いたします。

借主様

不動産を借りている方からは、「室内で子犬を飼ってはいけないと言われた」「退去の際に敷金を返還してくれない」などといったご相談が寄せられています。また、賃料の減額についてのご相談も増えております。

適切な対処法を提案させていただきますので、お早目にご相談ください。

 

3.近隣関係・境界を巡る争い

471452

隣近所の方とのトラブル、通行権の問題、土地の境界についても争いが生じやすい分野です。

たとえば、「騒音、悪臭に悩まされている」「長い期間土地を他人に使わせていたがそろそろ返してほしい」「私有地を通行しないと大通りに出られない」など、相隣関係については、民法が様々な規定を設けており、多くの裁判例も存在します。

また、隣近所の関係を壊さないためにも調停などで話し合いが行われることが多いでしょう。

境界については、筆界特定制度という行政上の制度や、境界を確定するために境界確定訴訟を提起することが考えられます。

専門的な知識が必要ですので、お困りなことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

 

4.マンション建設等による周辺被害

86558736_XS

マンションにお住いの方は、戸建ての住宅とは異なる問題が発生します。

たとえば、「ペットを飼いたい」「バルコニーに温室を設置したい」など、専有部分や共有部分の使用をめぐってトラブルになります。

また、マンション管理組合で役職に就かれている方は、「管理費を払ってもらえない」「修繕積立金を値上げしたい」などというご相談もあります。

マンションをめぐる権利関係は複雑で、ご自分で対処することは極めて困難です。弁護士は、トラブルの防止と早期解決のため、尽力いたします。

個人の方、法人の方の方を問わず、マンション管理上のご相談にご対応いたします。

 

弁護士費用

境界に関する事件

着手金

示談交渉   30万円(税別)~

筆界特定制度に移行した場合  30万円(税別)~

訴訟に移行した場合  30万円(税別)~

報酬金 40万円~70万円(税別)

 

info20140331