労働問題

98j93ad

人が社会に生きるためには、労働は必要不可欠のものです。

また、生きる喜びにもなり得ます。

しかし、不適切な労働環境は時に悲劇を生むことになります。

下記の問題その他の労働問題についても、茨木みらい法律事務所は、誠意を持って対応させていただきます。

1.解雇

89f08cd9

解雇には、普通解雇と懲戒解雇があります。

いずれの解雇も「客観的に合理的な理由があり、かつ社会的に相当な場合」でなければ解雇権の濫用として裁判所が無効と判断する可能性があります。

弁護士が介入した場合は、まずは会社との交渉から始め、交渉が決裂した場合や交渉中に解雇通知がされた場合などは、解雇の無効を主張して、従業員であることの地位の確認、賃料の支払いを求める労働審判・訴訟を起こすことになるのが一般的です。

高度な法的知識が要求されるので、まずは弁護士にご相談下さい

会社から解雇されたが、どうしたらいいか分からないときでも、一人で悩んで諦めたりしないでください。

2.残業代請求

GTY0007171601

時間外労働を長時間、長期にわたってしているのに残業代が支払われないことは非常多い話です。

特にいわゆる「名ばかり管理職」で管理職だから残業代を支払ってもらえないというケースも多くあります。管理職に当たるかどうかは役職名だけでは決まらないのです。

そして、会社に在職中でも、退職後でも残業代請求は可能です。

残業代を請求する方法としては、交渉、労働審判、訴訟といった方法があります。当事務所では交渉の段階から代理人として行ってまいります。

残業代は、不払いの時から年利6%の遅延損害金を請求することができますし、会社を退職した以降は、年利14.6%の遅延損害金を請求することができます。結局、合計請求額が残業代を大きく上回ることも少なくありません。

また、残業代請求の時効期間は2年ですので気付いた時には請求できないということにもなりかねません。1日でも早く弁護士にご相談ください。

3.セクハラ・パワハラ

83p838f83n8389

セクハラとは、相手方に不快な思いをさせる性的な嫌がらせのことをいいます。

パワハラとは、一般的には職場内での地位や権限を利用したいじめのことをいいます。

このようなセクハラ・パワハラに関する紛争は非常に多く、会社に対し損害賠償が認められる例も少なくありません。

もっとも、セクハラやパワハラが行われたことを示す明確な証拠がないことも多く、そのような場合は、相手方や裁判所を説得することが難しくなります。

そのため、セクハラ行為にお悩みの方は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。当事務所では、セクハラの立証のためのアドバイスを行うだけでなく、慰謝料や治療費の請求も行ってまいります。

4.過労死・過労自殺

 

過労死・過労自殺についてはこちらへ

 

 

 

 

弁護士費用

お問い合わせください。

 

info20140331